公開シンポジュウム
「関西の新都市型戸建住宅の動向」 

 



 近年、関西の大都市周辺地域において活発に供給されている、3階建て中心の戸建住宅群に着目し、敷地や住宅形態の特徴について、最新のデータを用いて報告をしていただきます。その後、関東の供給事例との比較を行います。フロアの意見を積極的に取り入れながら、関東・関西両地方における都市型住宅としての戸建の評価について討論します。

<共催>住宅問題専門研究委員会、NPO法人西山記念すまい・まちづくり文庫

日時 2003年12月15日(月)18:30〜20:30
会場 日本建築学会・建築会館302・303室 (東京都港区芝5-26-20)
内容:
司会:    海老塚良吉(都市基盤整備公団)
主旨説明: 吉田友彦(筑波大学)
 1. 関西の新都市型戸建住宅の動向
    講師:森本信明(近畿大学教授・NPO法人西山記念すまい・まちづくり文庫運営委員)
 2. 関東の事例からみるコメント
    コメンテータ:小場瀬令二(筑波大学教授)
 3. ディスカッション

参加費:一般 1000円、学会及び文庫会員 800円、学生 500円(資料代含む)
問合せ:日本建築学会関東支部事務局 TEL 03-3456-2050
共催:日本建築学会関東支部住宅問題専門研究委員会
    NPO法人西山文庫

<NPO西山記念文庫>
ご来館の時はあらかじめメールにて、お早めにご連絡ください。
開館日 木・金・土  13:00〜17:00

(ただし休日は休館)
〒619-0224 京都府木津川市兜台6-6-4 積水ハウス総合住宅研究所内
E-mail : npo@n-bunko.org

(c)The Uzo Nishiyama Memorial Library
All Rights Reserved 2002.